個の響きを大切に あそびの世界を創り出し 考える力 創造性を育む

お知らせ

  • さくらがおかBlog
  • プレイルーム 2歳児の体験入園。楽しいことがいっぱい!
  • 不思議あそび

健康な心と身体をつくる、楽しい幼稚園!

園から徒歩5分ほどの場所に、園運動場があります。
昭和42年春日神社裏の鎮守の森を開眼開墾、緑あふれる1320㎡の運動場です。
小鳥のさえずり、草花摘み、虫とり、木のぼり、どんぐり拾いとまさに自然の宝庫です。
子ども達は自然の中から生きる力を学び、成長されます。
1953年に府の認可を受け、2012年には60周年を迎えました。1988年、キリスト教精神を根底において保育を行い、現在に至っております。

子ども達の写真

~ひとりひとりを見つめる保育から個性を育み自主性と思いやりの心を養う~

形にとらわれない独自の教育方針

キリスト教精神に基づき、自主性と思いやりの心を育てたいと願っています。画一化して子どもを管理する「おしつけ教育」ではなく「答えは子ども自身が出す」そのような環境づくりに留意して子ども自身が常に考える姿勢を培うことで子どもが本来持つ可能性を「引き出す」こと、それがねらいです。

遊びの中にある学び体も心もそこで育つ

運動会や発表会、それは練習の成果を披露する場ではありません。
それぞれのクラスで、ごっこ遊びの中から生まれた物語の中で芽生えた発想が共感を呼び、目標を達成する場となります。

みっつになったらようちえん

満三歳のお誕生日を迎えられた幼児は、4月を待たずに正規の園児として入園を受け入れています。
「三つ子の魂(たましい)百(ひゃく)まで」という諺があるように、二歳児から三歳児にかけての幼児期前期に「見られている自己」を意識し、次第に自我が形成されていきます。

ページTOPへ